組織を活性化する

知らぬ間にブラック企業になっていないか

 

会社が売り上げを伸ばしていくためには、会社に活気が必要になるのですが、近年では中小企業を中心に活気のない会社が多くなっています。なぜ会社に活気がないのかというと、経営者のワンマン経営になっている、待遇が悪い上に重労働、仕事をする環境が悪いなどが挙げられます。このように活気がない会社というのは、社員の入れ替わりが頻繁にあるという特徴があります。頻繁に社員が入れ替わるということは、辞めていく人が多いということなので、早急に改善策を講じる必要があるでしょう。そのまま放置しているようでは、ブラック企業と言われても仕方がありません。 続きを読む

顧客の声を聞くことも大切

商店や飲食店を経営している場合には、顧客の声を聞くことも大切です。よく大繁盛している飲食店などは名物になっているメニューが存在していますが、顧客の要望を聞いて出したら人気が出たという話をよく聞くことがあるでしょう。客商売というのは顧客の声を聞くことがとても大事なのですが、直接店の人が聞いてしまうと、遠慮して正直な意見が聞けない場合もあります。
このようなときには経営コンサルティング業者に依頼して、顧客がどのような意見を持っているのか聞いてもらうという方法が行われています。中にはアンケートを作成して意見を聞く店もあるのですが、店内でのアンケートでは、それほど多くの意見を聞くことはできないでしょう。
だからこそ経営コンサルティング業者に相談し、顧客がどのように感じているのかという意見を聞くことで、改善するべき点や残す点などを見極めるのです。商店や飲食店は顧客があってこそ商売が成り立つので、顧客の意見をどのように取り入れていくのかということは、避けては通れません。

新卒採用と中途採用

個人事業であればともかく、法人の場合には自分1人だけで会社を経営することは難しいので、必ず求人を出して人を採用しないといけません。しかし、現在では大手企業が新卒ばかり採用していて、中小企業は経験者に限定して中途採用ばかりしているのが現状です。やはり新卒採用と中途採用をバランスよく行うのがふさわしいと言えるでしょう。
大手企業としては1から自分の会社にあった方法で教育したいので新卒を好みますし、中小企業は指導者の減少や増税による経営難で人材育成がおろそかになっているので、経験を積んでから来てほしいという考えの人が多いのです。
このようなやり方では人手不足に陥る場合や、リストラを行わなくてはいけない状況に陥る可能性が高いので、経営コンサルティング業者にも求人の出し方や採用方法などについての相談が多く寄せられています。まずは何で人材を採用するのかという点について考えましょう。単なる人手不足解消というぐらいにしか考えていないようでは、その会社の業績が上がることはありません。

本を書いている人がいる会社を選ぶ

経営コンサルティングの仕事をしている人の中には、本を書いて出している人も実際に存在しているので、経営コンサルティング会社を選ぶ時には、本を書いている人が所属している、もしくは経営している会社を選ぶというのも1つの判断基準と言えるでしょう。ただし、どんな本でも書いていればよいという訳ではありません。
中にはテレビや雑誌などによく出ている経営コンサルタントもいるのですが、有名だから有能とは限らないでしょう。テレビなどコネがあればド素人でも出演できるので、やはり忙しい合間をぬってでも本を出版しているような人の方が、確実に有能と言えるでしょう。
通常ベテランの人であれば、色々な資料も持っていますし、多数の相談を受けて色々な知識を持っているのが一般的であり、記者のように色々な地域を飛び回って情報収集してからでなければ記事が書けないということはありません。また、本というのはその人の特徴がよく出ている物なので、経営コンサルティング会社を選ぶ時にはかなりよい判断材料となります。

評価制度による負担を減らす

近年では学歴や年齢ではなく、努力や能力によって昇給の金額や賞与の金額、昇進などを決める会社が多くなっているのですが、このような評価制度を導入している場合、間違った方法で行っている会社が多くなっています。例えば社長の独断で決定している場合、評価を行う管理職に精神的負担があるような場合です。
評価制度を導入している会社では、自分は何でこんなに頑張っているのにきちんと評価されないのかと不満を持ち、辞めてしまう人もいます。また、1度だけ実施して、後は普段通りに戻してしまうような会社もあるのですが、これでは意味がありません。では、どのようにすれば評価制度による負担を軽減できるのでしょうか。
このような点も経営コンサルティング業者に相談することが多いのですが、やはり評価制度によって人材育成に役立てること、評価制度によって仕事への意欲を掻き立てるような制度にしていかなければいけません。よって業績や技術力などがどのように評価されているのかわかるように明記することも大切です。