経営コンサルタント、意外に存在するジレンマとは?

136090

一見順調そうに見える経営コンサルタント分野!

経営を改善したいと切に思っている一企業経営者にとって、経営を効率的に改善する手段の1つとして経営コンサルタントに依頼すると言う方法があります。

経営コンサルタントの仕事は、その企業の経営状況を把握してより良い改善提案を行うことが主な仕事ですが、実際のところそのように簡単なやり取りで済むような業務ではありません。

 

それというのも、企業側で経営コンサルタントに提案して欲しい内容というのは、現状のビジネスモデルを維持しながら新たなビジネスモデルを追加できるような提案を期待しがちだからです。 続きを読む

会社経営の基本は営業

会社を経営する上で最も大切なのは営業になります。営業を行って仕事を取ってこないことには、どんなに優秀な技術者を揃えても仕事がないので何もできません。まずは営業活動をしっかりと行うことが重要なのですが、人数が10人未満でこのまま経営していくというのであれば、経営者が自ら営業を行って、社員に他の作業を任せてもよいでしょう。
しかし、もっと会社を大きくしていきたいと思うのであれば、やはり優秀な営業マンを育成する必要があります。どのようにして営業マンを育てていけばよいのかわからないという場合には、経営コンサルティング業者に相談してみるべきです。
経営コンサルティング業者の中には、営業力を強化する対策やアドバイスをすることを得意としている人もいるので、このようなコンサルタントが在籍している経営コンサルティング業者に相談してみるようにしましょう。会社にも技術専門、営業専門の人がいるように、経営コンサルティング業者にも得意分野というのは必ず存在しているのです。