経営コンサルタントって具体的に何するの?

ビジネスモデルを探し続ける時代

 

企業経営について、かつてのモノカルチュアな業務形態から多角的な経営を目指すべきという風潮の強い現代社会では、経営者自身も将来的に一体何をビジネスモデルにするべきかを非常に悩むようになったと言えます。そんな中でも高いニーズのある職種として経営コンサルタントがあるでしょう。

 

彼らの多くは企業での経営企画に携わった人材や金融機関などで企業向けの投資を行ってきた経験のある者でして、お金の流れに精通していて提案力・プレゼン力に優れた人間になる分けです。

 

基本的にコンサルタントを依頼する経営者が自分の会社に何が欠けているのか、若しくは何があればさらに成長が望めるかなどの視点で分析を行うのが経営コンサルタントの業務になります。

経営理念をいかにして実現させるか

 

また、コンサルタントを行うにあたって欠かすことが出来ないのが、クライアントの経営理念を理解する能力です。会社はそれぞれに目的を持っていますが、それがただ利益を拡大していく、組織が大きく成長していくといった短絡的なものではありません。経営理念の大筋は似通っていたとしても、細かな部分でそれぞれの個性が出てくるのも経営理念の一つの側面です。「従業員を大切にしたい」という目的があったとしても、それを福利厚生の面に力を入れることによって実現していくのか、現場の労働環境を良くしていくことによって実現するのか、その方法も裏に流れている哲学も企業ごとに千差万別です。「ミッションマネジメントの理論と実践~経営理念の実現に向けて~」という本を紹介いたしましょう。

 

この本の著者である田中雅子氏はミッションマネジメントという言葉を「理念主導型経営」と表現しています。コンサルタントを受ける立場にある方の場合には、経営理念を見直し、方向性を再確認しておくことが重要になります。

 

話しは戻りますが、経営コンサルタントの中にはベンチャービジネスで成功して、ノウハウを提供する形で経営コンサルタントとして活動する方もたくさんいます。結果的にそういった方々はコンサルタントを担当している企業に様々な経営に有益な業務を提供するのです。