子育て応援!シングルマザー専用シェアハウス登場


シェアハウスの定着が進む中、様々なニーズに応えるべく、新たなコンセプトを掲げるシェアハウスが増えています。中でも、東急東上線の朝霧駅に誕生した「Mother Leaf 朝霞」は、『あったらいいね、がある。』をコンセプトにした、シングルマザー専用のシェアハウスです。入居条件は、原則として母1人子1人の母子家庭(子供は2人まで可)で、立地的にも子育てに適し都心までのアクセスも良いエリアにあり、注目を集めています

シングルマザーにとって、住居費用が抑えられて、同じような経験をもつ仲間と共同生活できる心強さは計り知れません。困ったときにはお互いに相談しあえるので、安心して子育てができるライフスタイルだと言えるでしょう。

さらに「Mother Leaf 朝霞」では、家政婦が付くので、週2食の食事作りや、共有部分の清掃を担当してもらえます。このようなサービスがあるおかげで、入居者は自分の時間を創り出すことが可能になり、より育児に専念することができます。

あなたに合ったシェアハウスを探してみてはいかがでしょうか?

外国人がシェアハウスを利用する目的


近年は大量の外国人が日本へやってきて住みつくようになっていますが、中にはシェアハウスを利用したいと考えている外国人も存在しています。なぜ外国人がシェアハウスに住みたいと考えるのでしょうか。
その理由はいくつかあるのですが、家賃が安いというのが1番の理由として挙げられます。日本は外国に比べてかなり物価が高い国なので、外国から来るとかなり家賃が高いと感じるはずです。そこで少しでも家賃が安く、複数の人と住むことで家賃を分割できるからこそシェアハウスを利用したいと考えるのでしょう。
更に一般的な民間の賃貸住宅では、トラブルを防止するためにあまり外国人に家を貸したくないと思う人もいますし、保証人がいないという外国人も多いので、保証人がいなくても住める物件も取り扱っているシェアハウスがよいと考えている人もいます。
中には日本人と住むことによって、より日本語を早くマスターしたいと考えている外国人もいます。シェアハウスによっては外国人向けの物件であることを全面的に押し出して宣伝している場合もあるのです。

住宅エコポイントについて


住宅エコポイントというものをご存知でしょうか。住宅エコポイントというは政府が進めている制度のことです。地球温暖化対策や、日本経済の活性化を図ることを目的としています。環境にやさしい住宅を新築したりリフォームしたりした場合にポイントが進呈され、そのポイントを使ってさまざまな商品と交換することができたり、工事の費用に充てたりすることができます。家を立てたりリフォームをしたりするのは大変お金がかかることですから、このような制度を積極的に利用することが大切です。住宅エコポイントについてよく分からない場合や、これから制度を利用しようとしている場合は、さまざまな方法で調べることができます。オススメの方法は、インターネットで検索してみることです。インターネットで検索をすると、住宅エコポイントについて多くの情報を得ることができます。制度そのものについての概要説明や詳しい説明、実際に制度を利用した人たちの口コミや感想が掲載されています。また、住宅エコポイントについて詳しく解説をしている動画も多数ありますので、わかりやすいものを見つけて楽しみながら学ぶことも可能です。住宅を立てたりリフォームをすることは金銭的負担ですから、間違いのないように事前に情報を得ておきたいものです。インターネットで知識を蓄えた後は、制度に詳しい専門家に実際に会って相談をしてみることが重要です。親身になって相談に応じてくれる専門家を探すようにしましょう。

建築素材


 最近は、化学繊維でできた和室がふえてきたという。つまりは、畳のような化学繊維でできたマット。ふすまのような、化学繊維できた、引き戸などだ。このような―見和室にみえ、また劣化が少ないから便利にように見えるがやはり、温かみと香りがなくなってしまう。
人間は基本的には、都会で生活していたとしても野生というか、自然の中で生きようとする。これは、生まれ持った本能であり、アウトドアブームなどがくるのは、いかにコンクリート住まいや職場環境の反動であるといえる。
よって、建築家は、こういったぬくもりをもとめて、建築素材にこだわってきたように思える。便利だから、見栄えがよいからではなく、少しは不便でも自然の素材にニだわるというのが今後は重要になりそうだ。
住居は、人が鋭気をやしなう草原のような、青草の原であるべきであると考える。それがエコ住宅の本来の狙いであるように考える。

住宅エコポイントで復興支援


住宅エコポイントとは

東日本大震災から3年経ち、少しづつですが復興しています。原発などの影響などからまだ仮設住宅に住んでいる方も見えますが、元の街並みに戻るよう頑張っています。そんな被災地に色々な方法で復興支援の支援活動が行われているのですが、国の政府機関より住宅エコポイントという制度が導入されています。

制度の目的

この制度の目的は、エコ住宅の新築またはリフォームを促進することにより、地球温暖化対策の推進及び経済の活性化を図ることなのです。そして、ある一定条件のエコ住宅を新築・リフォームされた方を対象にポイントを発行し、そのポイントを省エネ・環境配慮商品、被災地への義捐金および寄付、環境保全活動を行う団体への寄付や被災地の特産品・商品・商品券などに交換できる制度です。

被災地の商品にも交換できるので、こんな形でも支援活動ができるのです。以前もエコポイント制度があったのですが廃止され、現在は復興支援のための制度に変更されています。エコ住宅とは、省エネ法のトップランナー基準相当の住宅、省エネ基準を満たしている木造住宅、太陽熱利用システムの設置が条件になっています。

エコリフォームとは

エコリフォームとは、窓の断熱改修、外壁・屋根・天井・床の断熱改修、バリアフリー改修・太陽熱システムの設置、節水型トイレの設置、高断熱浴槽の設置がありすべて省エネになるための工事になっています。現在はすでにエコ住宅、エコリフォームとも対象期間は終了になっています。ポイントの申請期間は平成25年10月31日になりますので、ポイントをお持ちの方は忘れずにポイント交換して被災地の復興支援活動をしましょう。

久留米には、こういった住宅のことを専門に扱う業者がある。このハウジングカフェはお勧めなので、連絡してみよう。